新しい命を授かり大事に育んでいく時期として、慎重にならなければいけないのが妊娠中です。

ですが、妊娠中は体重増加やストレスが溜まっていくのが悩みものです。

それを解消するためには運動をするのがおすすめですが、妊娠中の運動は注意しなければいけない点があります。

それは運動をする時期と運動の種類です。

妊娠中はいつからどんな運動をすればいいのでしょうか。

妊娠中に運動をするなら妊娠中期からがベスト

妊娠期間中は激しい運動は控える必要がありますが、適度な運動は取り入れるべきと言えます。

運動を取り入れる大きな理由は、出産に向けての体力作りです。

妊娠中に適度に身体を動かしておくことで、安産に繋がりやすくなります。

妊娠中に運動をしておくと、産後の回復もスムーズに行えるのでオススメです。

妊娠中に運動を取り入れやすい時期は妊娠中期からです。

妊娠中期は妊婦にとって安定期に入るため流産のリスクが低く、妊娠初期の倦怠感が収まっていることから運動がしやすくなっています。

ただし、切迫流産などを過去に経験している場合は医師の判断を仰ぎましょう。

また、妊婦の身体は血栓が起こりやすくなっているので、運動時は必ず水分補給を意識することが大切です。

運動不足の妊婦に適しているのが軽めの運動

妊娠中に取り入れやすい運動といえば、ウォーキングです。

身体への負担が軽く、都合の良いタイミングで行えるのが強みです。

特別な器具を必要としないことから、散歩のついでに行うこともできます。

ウォーキングをする場合は、普段よりも少しだけ早く歩くことを心がけましょう。

姿勢を正してウォーキングを行えば、妊娠中に起きる腰痛などのトラブルを回避することもできます。

妊娠中のストレス軽減にも効果があるでしょう。

マタニティヨガも妊婦の運動に適しています。

負荷を妊婦の状態に合わせて行えるため、安心して身体を動かすことができます。マタニティヨガの良いところは、心身をリラックスできることです。

深い呼吸とポージングによって、妊婦の精神状態を安定させます。

水泳も妊娠中に行える運動として人気です。

出産時に行うラマーズ呼吸法の練習もできます。

水泳は無理なく行える有酸素運動で妊婦への負担も軽く、妊娠中の運動としては理想的です。

ストレッチは、妊婦が生活の中で行う運動として最適です。

特に妊娠中期のストレッチは腰痛や便秘に効果が期待できるので、意識的に行いましょう。

重点的にストレッチを行う箇所は、股関節や腰周りなど骨盤を意識したものです。

頻尿などの改善も期待できるため、体調に問題が無ければ普段から腰周りを柔らかくするようにしましょう。

 妊娠中はNGな運動

身体を過度に捻じ曲げたり、向きを急激に変える運動は控えましょう。

お腹を圧迫したり、激しくジャンプをするなど身体を揺する動きも好ましくありません。

妊娠中の運動は、必ず身体に無理のない範囲で行うことを心がけましょう。

妊娠中でも行えるおすすめの筋トレ方法

妊娠中も筋トレはした方が良いでしょう。

特に骨盤底筋が弱い人は筋トレをすることによって尿漏れを軽減できます。

出産に対しても筋トレは有効ですが、行う場合は医師の診察を受ける必要があります。

個人差がありますが、早産に繋がる場合があるからです。

高血圧状態になってしまう人もいるため、妊娠中の筋トレは注意が必要です。

行う場合は他の運動と同様に妊娠中期からがいいでしょう。

おすすめの筋トレ方法は出産をスムーズにするスクワットです。

スクワットをするときは少ない回数に分けて行うのがおすすめです。

適度な運動は母体にも良い

妊娠中の運動はいくつか注意する点がありますが、行うことで妊婦の精神状態を改善し、出産に対しても良い影響を与えます。

運動の内容は母体に過度な負荷を与えない軽い動きが中心なので、ほとんどの運動を生活の中で無理なく行えます。

胎児が大きかったり、早産の可能性を医師に指摘されている場合は主治医と相談してアドバイスをもらうと良いでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です