妊娠が発覚した女性にとって、「胎児に悪い影響を与えてしまう可能性がある食べ物は避けたい!」と考えるのは自然なことでしょう。

ここでは、妊娠中に特に食べるのを避けておきたい魚の種類や含まれる成分、妊娠中に飲んで良い・悪い飲み物とその安全な摂取方法をご紹介します。

妊娠中の食事を取る際に是非参考にしてください。

妊娠中に避けておくべき食べ物とは?

私たちが日常的に口にする食べ物で、特に妊婦が避けておくべき食べ物に魚が挙げられます。

魚にはたんぱく質やカルシウムなどの重要な栄養素が多く含まれているため、普段から意識して食べるようにしている人も多いのではないでしょうか。

魚には水銀が含まれており、自然界の食物連鎖によって大きな魚が小さな魚を捕食すると一部の魚の体内により多くの水銀が含まれます。

一般的には、大人が水銀を摂取しても体外に排出することができるため、健康状態に影響を与えることはありません。

しかし、胎児は一度摂取した水銀を体外に出す機能が発達しておらず、妊婦が一定量以上の水銀を摂取してしまうと胎児の発達に影響を与える可能性があると考えられています。

水銀を含む魚の種類として、キンメダイやクロマグロ(本マグロ)、メバチマグロ、マカジキ、ミナミマグロ(インドマグロ)などがあります。

これらの魚には水銀が多く含まれているため、食べる量に注意しましょう。

一方で、キハダやサケ、アジ、サバ、イワシ、サンマ、タイ、ブリ、カツオなどは通常の量であれば妊婦が食べても問題ありません。

ツナ缶も同様です。

しかし、握り寿司や刺身などの生の魚には細菌が含まれている場合もあり、食中毒を起こす可能性も考えられます。

そのため、妊娠中は安全面を考えて加熱した魚を食べるようにしましょう。

 妊娠中の飲み物について

妊娠中は普段口にする飲み物にも注意が必要です。

コーヒーや紅茶、お茶(緑茶・ウーロン茶)、ココア、栄養ドリンクなどに含まれるカフェインは胎児の発達を妨害する可能性があるとされており、1日に摂取する量には注意する必要があります。

例えば、コーヒーの場合は1日に1~2杯程度、紅茶の場合は2~3杯、緑茶やウーロン茶は500mlのペットボトル1本を目安にしておきましょう。

しかし、妊婦中はできるだけカフェインが含まれている飲料を避け、お水や麦茶、カフェインレスの飲料を飲むことをオススメします。

また、炭酸飲料の中でもコーラにはカフェインが含まれているため、飲み過ぎには注意が必要です。

コーラ以外にも炭酸飲料には糖分が多く含まれている場合が多いことから、体重の増加を避けるためにも飲む量を調節するようにしましょう。

他にもアルコールを含む飲料は胎児の成長に影響を与えるため、基本的に妊娠が発覚してからお酒を飲むのはNGです。

ノンアルコール飲料には微量のアルコール成分が含まれている場合もありますから、ラベルの成分表に目を通してアルコール成分が含まれていないことを確認してから飲むようにしましょう。

 妊娠中は特に、健康的な食事を心がけよう

妊婦中の食事は胎盤を通して胎児に影響を与えます。

妊娠中の胎児の発達には母親の食事から摂取する栄養素が欠かせません。

栄養のバランスが偏ってしまったり、特定の栄養素を過剰摂取することは胎児の成長に大きく影響します。

妊娠初期は体の重要な器官が形成される大切な時期でもあります。

赤ちゃんが健康的で元気に成長するためにも、妊娠中はいつもよりも健康的な食事を心がけましょう。

妊婦が避けたい食べ物・飲み物まとめ

妊娠中の女性にとって避けておくべき食べ物や飲み物、摂取する際の注意点などをご紹介しました。

水銀を多く含む魚や熱を加えていないもの、カフェインや糖分を多く含む飲料などの食べすぎ、飲みすぎには注意が必要です。

また、アルコール飲料は妊娠発覚時点で飲まないようにすることが賢明です。

胎児の身体の発達のためにも、妊娠中には健康的な食事を心がけましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です