妊娠中つわりが酷くてなかなか食べられないとき、好きなものだったら食べられそうだと思うのは自然なことです。

しかし、生ものであるお寿司やお刺身は妊娠しているときに食べてもいいのでしょうか。

また、食べる時に気を付けるポイントはあるのでしょうか。

ここでは、お寿司やお刺身が食べたい妊婦さんのために、生物と妊娠の関係性について詳しくご紹介します。

妊婦さんがお寿司に注意しなければならない理由とは?

妊娠中は生ものの摂取を避けた方がいい、という話を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに生ものは加熱したものよりも食中毒の発症リスクが高く、鮮度に気を付けたい食品ではあります。

しかし、お寿司やお刺身など魚に含まれるタンパク質やカルシウムといった栄養は妊婦さんにも是非取って欲しいものであり、DHAなどの魚からしか摂取できない栄養素も存在していることから、安全に食べられるなら食べておきたい食品です。

生ものはノロウイルスなどの病原微生物が含まれているため、食中毒のリスクを考えなくてはなりません。

妊婦さんは免疫が少し弱っている状態であると言えるため、他の人よりも感染するリスクが高いです。

また、妊娠中では一部の抗生物質が使用できないなど、治療に関して制限がかかることもネックであると言われています。

食中毒にかかると腹痛等でしばらく水や食べ物の摂取が出来ない状態となりかねませんが、栄養不足や脱水の状態は胎児の発育にも影響を及ぼすと考えられます。

生ものは鮮度の良いものに限って食べるなどの食中毒にかからないような対策が必要です。

また、魚には水銀という重金属が微量含まれています。

この水銀は通常の成人であれば多少摂取したところで体外に排出できますし、体内に溜まる量も微量なので身体への影響もそれほど重篤なものになることはありません。

しかし、胎盤を通過して胎児に移行してしまった場合、排出機能が未熟な胎児には大人以上に水銀が溜まってしまいます。

水銀は難聴の原因になったり、中枢神経系に影響を及ぼす可能性があるため、過剰に摂取しない方が良いでしょう。

ただし、これは厚生労働省の摂取基準を大幅に超えた場合の症状であり、一週間にマグロ80g程度であれば問題は無いと言われています。

 妊婦さんが避けたほうがよい寿司ネタ

妊娠中に避けたほうがいい寿司ネタは、感染症のリスクを特に気にしなくてはならないものや水銀を多く含むネタです。

時期にもよりますが、冬季のカキなどの貝類はノロウイルスによる感染のリスクが高まるため、食べるのは避けた方がベターでしょう。

また、ネタの種類に関わらず、鮮度が落ちているネタは食べないことが重要です。

水銀が多く含まれているのは食物連鎖の上位に来るような大きな魚であるため、例えばマグロや金目鯛などには注意が必要ですが、こちらも一週間に100g以内の摂取に留めれば、特に問題は無い程度と言えるでしょう。

妊婦さんも食べてOKなお寿司

妊娠中に食べても食中毒のリスクが少ないと考えられるお寿司は、加熱された寿司ネタです。

例えば、ボイルされたエビやイカ、タコなどのネタや煮アナゴなどの生のままネタにならないものが該当します。

完全に火が通っている場合には食中毒のリスクは他の生ものに比べて抑えられると考えられるからです。

また、そもそも生ものを使っていないいなり寿司やタマゴなどのネタも食中毒のリスクは少ないと言えます。

しっかり加熱してあることを確認して注文できれば、さらに安心できるのではないでしょうか。

妊娠しているから生ものNGではなく、食中毒や水銀のリスクに対して対策を取ることが大切

魚介類からは様々な栄養素が摂取出来ますし、妊娠中はつわりなどの影響があるため、食べたい物を食べるという姿勢の方が健康に過ごせることもあります。

大切なのは食中毒や水銀のリスクを知り、対策を怠らないことです。

鮮度の良いものを選んで食べる、加熱したネタを選ぶ、水銀が含まれる可能性があるネタは極力避けるなどの方法で自分と胎児を守りましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です