家族の送迎や通院など、妊娠中でも車を使いたいときはあるものです。

しかし、お腹も大きくなれば、妊娠していないときと同じように運転ができる訳ではないでしょう。

体調がいつ変わるか分からないという不安もあります。

ここでは、そもそも妊娠中に運転をしても良いのか、またいつまで車の運転をしても良いかなど妊娠中の車の運転についてお伝えします。

妊娠中はいつまで運転できる?そもそも運転していいの?

結論から言えば、妊娠中の車の運転は可能です。

法律などで「妊娠中の運転は不可」などと決まっているわけではないからです。

ただし、妊娠をしていないときとは体調が変わりやすいので注意する必要はあるでしょう。

車は便利なものであり、特に普段から車の生活に慣れている人はなかなか運転をやめるのは難しいです。

しかし、妊娠中は急に体調が悪くなったりホルモンバランスも乱れやすいため、運転に集中しにくくなったりすることもあることから、車の運転は慎重にすることが必要です。

妊娠中に運転を避けるべき時期

妊娠初期はつわりの症状があったり、急に眠くなるなど体調が急に変化しやすく、運転に支障をきたすことがあります。

運転前はつわりの症状がなくても、運転を始めたら急に吐き気が止まらなくなったりすることもあるでしょう。

そのため、少しでも不安なときには運転は控えた方が無難です。

また、妊娠後期も運転を避けたい時期です。

お腹が大きくなり、ハンドル操作がしにくくなるだけでなく、体を自由に動かせなくなるので後ろを見たり、横を見たりといった動作がしにくくなります。

陣痛のときなどは集中力も注意力も失われるので、運転は危険です。

事故のリスクも大きくなりますから絶対に避けましょう。

妊娠中ならシートベルトなしでもOK?着用義務やシートベルトの位置について

妊娠中でもシートベルトは着用する必要があります。

そもそもシートベルトの着用は道路交通法で義務付けられているため、妊娠中だからといって例外は認められません。

ただし、破水や出血、陣痛などの緊急の場合に関してはシートベルトをしなくても良いとされています。

シートベルトは命を守る大切なものですから、しっかり着用することが大切です。

そうはいっても、お腹を締め付けるのは良くありません。

妊娠中のシートベルトは、お腹を圧迫しないように着用しましょう。

ポイントとしては、お腹のふくらみを避け、腰骨の下の方で着用します。

肩ベルトもお腹のふくらみを避け、胸からお腹の脇を通して着用しましょう。

 妊娠中の運転で常に携帯しておいたほうがよいもの

運転をする際には母子手帳、保険証、携帯電話、ナプキン、大きめのタオルなどを携帯しておきましょう。

急に体調が悪くなったときや万が一事故に遭った場合に備えて、母子手帳や保険証は必ず持って出かけることが大切です。

母子手帳には妊娠の経過や通院している病院などの情報も書いてあるので、行ったことのない病院でも正確な情報を迅速に入手することができます。

急な出血や破水などが起こる可能性もありますから、そのときのためにナプキンや大きめのタオルを用意しておくと安心です。

妊婦の運転に無理は禁物!体調、天候を考慮して運転を!

妊娠中は予想できない体調の変化があるものです。

体調が悪くなったときは、いつものように適確な判断ができないこともあります。

雨などスリップしやすいときはもちろん、道路の渋滞が予想されるときや整備されていない道路を使わなければならないときなども車の運転は避けた方が良いでしょう。

どうしても車で移動しなければならない場合は無理をせず、家族や知人などに頼るのも一つの手です。

それができない場合はタクシーを利用しましょう。

陣痛時などは陣痛タクシーというサービスを利用すると便利です。

事前の登録は必要ですが365日24時間利用可能で、いつ陣痛が来てもスムーズに対応してくれるので安心です。

 体調が急に変化しやすい妊娠中は車の運転に注意が必要

妊娠の時期にかかわらず、車の運転が必要な場合もあるでしょう。

しかし、妊娠中は体調が急に変化しやすく、集中力や判断力が低下してしまい事故のリスクが高くなります。

特に妊娠初期や妊娠後期は運転を避けたい時期です。

少しでも体調が悪いときは車の運転を避け、家族や知人に頼むかタクシーなどを利用するようにしましょう。

しばらく運転をしないなら車を売却してしまう選択肢もあり

こういう提案をすると結構驚かれるケースもありますが、しばらく運転をしないなら車を売却してしまう選択肢もあります。

子供が生まれると何かとお金はかかりますし、今後教育費などドンドンかかります。車は維持しているだけでも毎月お金が出ていきますから、実はあんまり乗っていない人は売却するのも手です。

最近は、10万キロ異常は知った過走行車でも買取業者が引き取ってくれます。査定をしていただくのでいくらかお金にもなるので、車手放してもいい人は下取りよりは買い取りした方がお金も残りますね。

廃車という選択はおすすめできません。

廃車として引き取った業者は、スクラップとして市場に出す以外にも、エンジンやボディーパーツを外して使える部品を車買取・販売店や中古パーツ業者に再販していることをご存知でしょうか。

廃車にするよりも、車の買取業車に売却した方が高値で売れる可能性があります。

引用:車を高く売る教科書(過走行車の売却についての記事)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です